トレンサップ湖での嫌な思い出

※私はここで嫌なことがあったので、
大嫌いな場所として文章を書いてます。

トゥクトゥクドライバーに進められて
トレンサップ湖へ行きましたが、
これがもう思い出したくもないくらい
腹の立つ出来事となりました。
私の心にBad memoryとして
深く刻み込まれました。。

トレンサップ湖自体は
まぁなかなかの素敵スポットで
湖の上に暮らす集落なんて素敵!
って感じだったのですが、
いまの私には沈んでしまえとしか
思えません。。
(※あくまでも私の感想です!)

もともとこの湖のことは知らなくて
トゥクトゥクドライバーのリーが
オススメしてくれたので、行くことにしました。

まずシェムリアップの街で
ボートの予約が必要だとリーに言われ、
そのまま旅行代理店なるところへ。

1人$25かかると言われて
そこまでその湖に思い入れがなかったので、
こんなに高いなら行きたくないってリーに伝えると、
ワニが見えるとか水上で生活してる村があって
素敵だよってなかなか引き下がってくれません。
値段下げるのも代理店に一緒にお願いするからって
それはもう必死。
まぁ何かしらマージンもらえるんでしょう。。
わかるんですけど、必死すぎだよ。。。

そして結局1人$15で行けることになりました。

連れて行けることになってほっとしたのか
トレンサップ湖へ向かう道中、
かなりご機嫌だったリー。
蓮の蕾?の実を買ってくれました。
DSC_0004
うん。。まぁまぁ美味しいかな・・・?
でもお腹こわしそう。。。。

トレンサップ湖へ向かう途中の景色。
DSC_0005
シェムリアップの町中から少し離れただけで、
こんなにも自然がたくさん。

このトレンサップ湖ですが、雨季になると
湖の水傘があがって広がるそうです。

この写真はトレンサップ湖のボート乗り場入り口。
DSC_0006

これがボート。
DSC_0010

私達が行った時は雨季まっただ中。
DSC_0008

また乾季は逆に水がへるので普通の湖にもどるとか。
ここの村人は水が多い時は水上での生活、
少ない時は陸で生活してるようです。

家の下にたくさんドラム缶がくっついてました。
(写真ではドラム缶見えないですが。。。)
DSC_0026

移動は全部小舟。
DSC_0014
濁ってるのは広がってるからなのか、水は汚かったです。

DSC_0034
お母さんが漕いで、お父さんはたばこをぷかぷか。。
お父さん漕いであげればいいのに。。。

教会もスーパーも学校もレストランも全部水上。
DSC_0030

なお、このトレンサップ湖東南アジアで1番大きい湖だそうです。
たしかに迫力はありました。見渡す限り一面湖!
DSC_0511
この写真はマレーシアに向かうときの飛行機で撮影しました。
少し見にくいですが、下はほぼ湖。

家の中にいる人はものすごい勢いのハンモックにゆられて、
なんかのびのびしてました。
DSC_0028

湖の開けたとこ(ここがもともとの湖?)でしばしストップ。
DSC_0048

次はお土産屋へ。

ここにワニがいるとのことでドキドキしてたら、
ちっちゃな柵の中に普通サイズのワニが数匹。
DSC_0067
率直な感想「しょぼい!」残念感がハンパない。
こんなん日本の動物園のが
もっと迫力ある状態で見えるよ!って思っちゃうほど。
DSC_0066
この2枚の写真が全体像。
がっがりでしょ??

また大きなヘビを持った女の子が近寄ってきて、
そのヘビを首にかけさせてもらうと
1$請求されるアトラクションもありました。

DSC_0074
隆さんはかけさせてもらってたけど、
あたしは1$まで払って好きでもないヘビを
首にかけるのは嫌だったのでお断り。
また1$もらった子供は調子乗って、
近くにいたさらに小さい子に
お金寄付しろとか言ってくる始末。ちょーしのんな!

ヘビとワニの皮なるものも干してあったりしたけど、
あたしにはスルメの干物みたいにか見えないし、、
DSC_0071
なんだかなぁ。。というところ。

写真笑顔だけど、このワニの皮も微妙とずっと思ってました。。
DSC_0079

また魚がたくさんいるいけす?みたいなとこに餌をまくと
大量のナマズが必死に餌食べるところもありました。
鯉じゃなくてナマズなのには少しおぉってなったけど…

その後は倉庫みたいなところに連れられていきました。

ボートに乗ってすぐに、学校の紹介をされたんですが、
ここに通ってる子供は親が台風とかの被害で
いなくなってしまい貧しい。
だからチャリティーに参加してほしいみたいなことを
ひたすら言ってて胡散臭いなぁと思ってたんです。

それが、これ。
この倉庫で物を買って子供達に届ける。
この倉庫のものはむちゃくちゃ高い。
しかもしきりに米(大きいの50$)を買わせようとする。
まだ安い飴(それでもひと袋5$)を買おうとすると、
飴は子供達の健康によくないしお腹いっぱいにならないって。
大きい米買うお金ないっていったら
次は小さい米(30$)はどうか、20$のヌードルはどうかとか。
そこに連れられこられた他のお客さんがコメ買うと、
「ほら!あの人は米買ってくれたよ!」とかむっちゃ言ってくる。

知らねぇよ。。。

あー…やられた。
水の上だしやり方が汚いなぁと。

あたし英語話せないからひたすら日本語で
文句言ってたけどまぁ通じず。。ムカつく!!!

定期的に収入があってお金あればいいけど、
うちらだって無収入だし。。。そんな人を助けてあげる前に
自分の生活をどうにかしないといけないのに。。。

結局その場から動けなくなりそうだったので、
仕方なしに飴2袋買いました。
んで、子供達に届けました。

私は学校に向かう船の中で、
ガイドに腹たち過ぎたのと伝えられない悔しさで
号泣してたので、子供達に直接は渡してないけど、、、
DSC_0496

でもこの子達きっと観光客から色んなもの貰ってて、
貰いなれてると言うか、
あぁ、飴?ありがとうみたいなそんな感じでした。。
DSC_0081

しかもよく見ると子供達の制服とかすごく綺麗で、
ほんとに乏しいのか疑わしくなってくるほど。

子供達はいつもお腹すいてるから米ってしきりに
ガイドが言ってたけど、全然お腹すいてる感じじゃない。

さらにムカついたのが、
飴のお礼に焼き鳥みたいなものをくれて、
それ私いらないって言ったら、
当たり前のようにガイドが食べたこと。
DSC_0084

米足りなくてお腹空かせてるなら、子供達にやれよ!!
なんでお前が食ってるんだよ!!!!ってさらにイライラ(##゚Д゚)

なんかこんなやり方しか出来ないの悲しいなぁって
しみじみ帰りのボートで思いながらさらに号泣。゚(゚´Д`゚)゚。

人をこんなに不快にさせておいて、
降りるときにはちゃっかりチップを要求。
船乗るときに払ったお金は全部政府が持ってくとかなんとか。
そもそもチップってありがとうの気持ちじゃないの?!
こっちは不快なのになにがチップだ!!
くそーもっと英語勉強して
文句むっちゃ言えるようになってやるー!!!!と心に誓いました。

ホテルに戻ってこのトレンサップ湖のこと調べてみたら、
このぼったくり手法は有名でした。。
ちゃんと調べていったらよかった…(T ^ T)

ネットの情報によると、学校の子供達は孤児ではないとか、
米は学校に届けたらまたそのまま倉庫に戻されて
お金だけ村に入るとか。
ほんとかどうかは定かではありませんが、なんちゅー村。。

ツアーで行ったらこの被害はないみたいですが、
ツアー自体もまたむちゃ高いみたいです。。

湖はまぁ綺麗ないいところなのに。
やり方が汚いというか…
ここは決してオススメしません。
ただの変哲もない湖です!
水も汚いし。琵琶湖のが絶対断然いいです!!!
ワニとかがっかりスポットです!!
ワニ見たいなら箱根のバナナワニ園へ行ったほうが
ちゃんと見えるでしょう!!
よっぽど湖が好きとか、チャリティーしたいとか
そんなんであれば良いと思いますが。。

あの手から逃れるにはチャリティー全く興味ない、
学校見なくて良いとか言えば大丈夫なのかな?

でもここへ行かなかったからって、
特に損はしないと思います。
むしろ行ったら損するかもしれません…╭(°へ°`)╮

Be careful!!
DSC_0045

By  Yukako

FXで旅にでれるの?~24時間どこでも取引できる~

FXの口座は開設出来ましたか?
まだ開設出来てないようでしたら、下記サイトを参考にしてください。

↑私はこのサイトの上位3つの口座を開設しました。

私はサラリーマンですから、平日の昼間は時間がありません。
土日も家族サービスがあるので中々時間がとれません。
で、いつやっているかと言うと、妻と子供が寝た後です。

1日中24時間売買出来るFX

同じ金融商品である株式は9~15時までが日本での売買時間となっていますが、
FXは24時間取引が行われています。
会社員や自営業の方、育児で時間を割けない主婦でも、
FXは世界中のどこかで通貨は売買されていますので、時間に拘束されません。
現在ではシステムトレードによる自動売買も盛んです。為替の世界では、
日本時間の5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が開始されると、
7時にオーストラリアのシドニー市場、8時に日本の東京市場、9時に香港市場が開きます。
続いて、16時に世界1位の取引量を誇るイギリスのロンドン市場、
21時にアメリカのニューヨーク市場となり、
どの国も10時間程度は積極的な取引がされ続けます。
特に日本の会社員が在宅している22~24時は、
ロンドンとニューヨークといった大きな市場の商いが活発です。
このように24時間いつでも取引ができるので、
仕込みや売買テクニックなども活かすことができ、
デイトレードなどの短期売買がしやすいため、
副業でも人気が集まっています。

【国境移動手段】陸路で行く、バンコク→シェムリアップ

どうも、Ryutaです。

ネパールでのんびりしていたところ、ブログの更新が全くされていないことに気が付き、これから怒涛の更新を予定しています。笑

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回はバンコクからシェムリアップまでを国際バスを利用して移動したので、その方法をまとめていきたいと思います。
飛行機とはまた違った雰囲気は面白かったです。

IMG_1869

 

先ずは僕達の利用したバスの詳細から
・バンコク北バスターミナル9時発
・シェムリアップのホテル18時着
・費用1人750バーツ
・水一本とジュース1パックと弁当がついてきます。

IMG_1886

チケットですが、当日買いと予約買いとあります。簡単に取れるので予約をオススメします。

こちらのサイトからとれます。
タイチケットメジャーのサイト(もしタイ語表記だったら右上にあるイギリス国旗をクリックしてください)
→購入の流れの説明はこちらのサイトを参考に→徒然草

最初に会員登録し、その後取りたい日程と場所を選択し、空席を確認。
空いていれば必要情報を入力し、席を選び、購入の流れです。

チケットはバンコク市内にあるチケットメジャーという場所で引き取る事ができます。もちろん北バスターミナルの中にもありますので、当日引き取るのも可能です。

僕達はチャトチャックのウィークエンドマーケットに行った時に、下見がてら北バスターミナルまで行って、事前にチケットを引き取っておきました。

IMG_1704

出発日当日は出発時間の1時間前ぐらいにバスターミナルに居れば十分です。

僕達は106番ターミナルでしたが、その都度確認してください。
こんなバスが止まってます。
IMG_1873

プノンペン行きもありました。
IMG_1871

時間の30分ぐらいに前から乗車できますので、乗組員さんにチケットを見せて、大きい荷物はバスの荷物入れに入れてもらいましょう。車内はこんな感じ。
IMG_1876

出発時間を過ぎても焦りません。ここはタイです。30分遅れぐらいは普通なのでノンビリ席で待ちます。
僕達は30分遅れで出発しました。

約8時間のバスの旅がスタートです。

と言っても、特にする事は無く…本を読んだり、音楽聴いたり、喋ったり、各々の時間を過ごします。

途中でトイレ休憩を挟み(良い天気)
IMG_1887

ご飯も支給されます。世界のセブンイレブン
IMG_1889 IMG_1890

過重包装のamazonもびっくりの菓子パン

IMG_1885

 

で、大体14:30ぐらい。出発して5時間後ぐらいに、ヤマ場の国境に到着します。
IMG_1891

事前情報では荷物を全部持って行かないといけないという話を聞いていたんですが、僕達はサブバッグのみ持参で大丈夫でした。
大きいバッグは、バスの中でそのまま国境越えました。ラッキー

ここの国境が分かりづらいので注意してくださいね。
ずーっと進むと、外人二階の案内が見えて来るので、二階へ。二階は出国手続きをしていました。

IMG_1892

その後歩いて国境越え。
VISA持ってる人と持ってない人の案内がありました。
IMG_1894

その前に検疫場を通ります。エボラ出血熱が流行っているので全員受けていました。カード記入と体温測定です。
こんなめちゃ暑くて汗ダクダクやのに正確な体温測れるのか疑問でしたが、パスできました。
IMG_1895

その後が非常に分かりづらいので注意ですが、突如普通の町中みたいな所に出ます。ウェルカムカンボジアみたいなモニュメントもあるし、あれ?もう終わり?みたいな感じになります。
IMG_1896

でもまだ終わりではありません。
先ほどの写真の右側にVISAの申請所があります。持ってない人は取得しましょう。
IMG_1897

僕達はネットで既に取得していたので、ここはスルーでいきました。

その奥に歩いて行くと、小さなイミグレーションがあります。
IMG_1898

小さいなかに沢山の人がいるので非常に暑いです( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )
IMG_1900

イミグレーションカードを書いて、両手の指紋をスキャンすると、無事入国です!
電子ビザの場合、2枚コピーをする必要が、ありますので注意。
一枚は回収され、もう一枚は滞在中保持しておきます。

IMG_1901

イミグレーションを無事通過すれば、バスに戻ります。
バスの乗客全員が入国審査を終えるまでバスでの待機となります!

その後全員そろえば、バスでシェムリアップに向けて出発です。

カンボジアになると、畑が広がっています。
急に運転が荒くなったと感じるのは僕達だけでしょうか?笑

IMG_1904

 

その後、3時間ほどでシェムリアップに到着します!

意外と簡単だった国境陸路越え。
時間のある方は是非試してみてください~♪

FXで旅に出たい!できるの?

【FX初心者が実践した会社選び】

FXを始めたのは数カ月前ですが、

一番最初の壁は「FX会社選び」でした。

おすすめの会社は?

家族にやっている事がばれると困るのでばれない会社がいい、

確定申告はどうなるんだろう?

人気の会社はどうなんだろう?

稼げる会社はどこなんだろう?

初心者でも大丈夫だろうか?

非常に悩みました。

悩んでいても相手がいないの

で、どうしたかと言うと、比較サイトを利用する事にしました。

↑僕はこのサイトの上位3つの口座を開設しました。

え?3つ作ったの??

と思われるかもしれませんが、口座開設自体にお金はかからないので、

口座を持っていても損はしませんから、とりあえず開設する事をお勧めします。

わざわざ一つを選んで一生付き合う必要なんてないんです。

では、続きは次回!

いよいよ実践です!

FX比較,FX初心者,FX自動,FX口座,FX業者,FXスプレッド,FXおすすめFX始める

【世界新聞寄稿】世界一周中の僕がGoproを手放せない7つの理由

どうも!Ryutaです♪

 

昨日、世界新聞さんに記事をUPしていただいたのでその報告になります!

スペックとか細かいことを書き出すと3部作とかになってしまいそうなほど、奥が深いGopro。

でも単純に操作しても十分楽しめる良いカメラです!

是非一読してください~

クリックして読んでね♪→世界一周中の僕がGoproを手放せない7つの理由

よかったらシェアとかしてね♪

では!

G0030152