Thai の記事一覧

キラキラ大仏様@Wat Pho

Thaiを出発してからもう3週間近くたちますが、
頑張って思い出しながらタイの有名なお寺ワットポーに
行ったときのこと書きます。
毎回書くの遅いよ〜ってなるけど、ほんま成長しない私達。。
マイペース全開!!

Wat Phoですが、とにかく有名スポット。
バンコクで最大の最も古い寺院だとか(Wikipediaより)
そして私達は事前チェックを怠ったばっかりに完全スルーしてしまったけど
(雨降りそうだったし暑かったし疲れてたんだもん…)
タイ古式マッサージの最高機関「ワットポー・マッサージスクール」が
敷地内にあるそうです。マッサージしたかったー!!!しまったー。。。

このワットポーの場所ですが、バンコクの中心からちょっと外れにあります。
電車だけでは行けません。駅から離れてます。

行き方としては、
1.電車の駅からタクシーもしくはトゥクトゥク
2.チャオプラヤー・エクスプレス(船)に乗る
3.バスで行く
こんなところでしょうか。

私達は宿から直接行けるという理由でバスを利用しました!
バンコクのバスですが、本当に便利です。オススメです!!
バスの乗り方あれこれについては、
バンコクではバスの利用をオススメします!のページを
参照してください〜

バスに揺られて無事Wat Phoに到着した私達ですが、
入り口を求めて歩いていると、
入り口はあっちだよ〜って言いながら
おっさんが寄ってきてむちゃ話しかけてきました。

まぁだいたいのおっさんがそうなんですけど、
まずどっから来たの?って聞くんですよね。
んで、Japanって言うと、もうね、すごいなれなれしいんですよ。
握手とかしてくるんです。
隆さんは優しいから対応してたけど、あたしはガン無視。
かっこよくもないおっさんと誰が握手なんかするもんか!
むしろ気安く触るな!!!!!と。

それでそのおっさんいわくWat Phoは今お祈りの時間で
観光客は中に入れないから、入れるようになるまでこの近くで
有名なスポット連れて行ってあげるとのこと。
わざわざ丁寧に紙に行き先とか書いてくれました。
んで、◯バーツ(値段忘れた。。)だけどどう?みたいな。

私は「入れないのかーまじかー近くの公園で
時間潰すかなぁ。。おやつ食べるのもいいなぁ」
(実は2日前にWat Arunのライトアップ写真撮りにここらへん
来てたので、近くに何があるかとか知ってました)とか考えてて、
まぁすっかりおっさんの言葉を信じていたわけです。

でも、タクシーとトゥクトゥクのおっさんは
フィリピンから絶賛大っ嫌い時期に突入しているので、
トゥクトゥクに乗る選択肢はまずない!と、
そんなことを考えていると、
隆さんが「とりあえずこの辺を見てまわりたいし
時間が余ったらまた連絡するよ。名前教えて」って
おっさんに伝えてくれて、その場は終了。

佑「閉まってるんだねーどうしよっかー」
隆「バス乗ってる時にね、ちらっとお寺の中が見えたんだけど、
明らかに白人がいっぱいいたんだよね」
佑「まじか!ってか、ほんとだ!観光客中にいるじゃん!」
隆「ネットで事前に見てたんだよね、あーゆー詐欺」
佑「!!!!」

そんな訳で、さらにおっさんが大嫌いになりました。

神聖なお寺の前であんな嘘つくなんて、
バチ当たり!!!!!

そして騙された自分が情けないー!!
くっそー!おっさんなんか大っ嫌いだ!!!!

そんなおっさんが書いてくれた紙きれ。
写真撮って晒せば良かったと後悔中。。。
名前絶対適当でその都度違いそうだけど、
MAXって人には注意して〜><
DSC_0462

あとでWat Phoの情報が乗ってるHP見たんですが、
こんなんよくあるらしいですね。。。
とりあえずおっさんに休みとか今入れないとか言われても
しっかりと自分の目で見て確かめましょう!!
皆さんもお気をつけください。

一悶着ありましたが、
思った通り、お祈りの時間で入場制限があるわけでもなく
普通にスンナリと入れました。
IMG_1851

チケット持っておっさんに入れたんだけど!って
見せに行きたいくらいでした(#゚Д゚)y
(怖いからやらないけど)

Wat Phoの入場料は1人100バーツでした。
無料でミネラルウォーターのボトルももらえました!
IMG_1852

そしてここのWat Phoでの一番の見どころと言っても良いでしょう。
すぐにリクライニングブッダを見に行きました〜

なお、タイとかカンボジアとかのお寺は
服装に制限があります!
露出しすぎはダメだそうです。
ノースリーブとかショートパンツとか。
あと本とかネットに書いてあったんですが、
ビーチサンダルもダメだそうです。
でもビーチサンダルはちらほら見かけました。
これは大体本堂?みたいなところに入る時は
土足禁止で靴を脱ぐので、あんまり関係ないからかも?

なお、リクライニングブッダのお堂の入り口でも
風紀委員の先生みたいなおばちゃんが服装チェックしてて
露出しすぎって判断されるとガウンみたいなのを着せられてました。
服装の件は事前にチェックしてたので、
余裕しゃくしゃくで中に入ろうとしたら
すごい勢いで「No Hat!!」って言われたΣ(゚∀゚ノ)ノ
帽子もダメなのね。。。ごめんなさい。。。

いざ中に入ると、お堂いっぱいに仏様!
DSC_0395

とにかくむちゃくちゃ大きい!!!迫力満点!
DSC_0400
カメラに入りきりません。

よくガイドブックとかに載ってる
全体が写ってる写真ってどうやって撮ってるんだろうって
ずーっと考えてました。う〜ん。謎。。。
DSC_0396

仏様キラキラですごく綺麗でした。
足の裏にもなんか色々書いてあって、こちらも素敵でした。
DSC_0402

仏様を見た後は、
そそくさと敷地内の散策しました。

この時、空には大きな雨雲があって、
時々すごい雷も鳴ってて、
いつ雨が降ってもおかしくない天気だったので
急いで回りました。
1回雷の音が凄すぎて、仏様が怒ってるんじゃないかとビビってました。。
きっとあのトゥクトゥクのおっさんのせいだ!とか
一人でまたちょっとイライラしたり。。

そして雨、結局降らなかったんですが…笑

敷地内すごく大きかったです。
DSC_0438
DSC_0426  DSC_0429 DSC_0417
DSC_0437
ざーっとしか回っていないので
きっと見忘れてるところとかあると思いますが。。

建物1つ1つがすごく綺麗でした。
DSC_0421
壁の模様とかも凄くこだわって作られてました。
光にあたってキラキラしてました。DSC_0420

子猫発見!小さくてむちゃかわいい♡あたしの顔やばい。。
DSC_0433

後で調べてわかったんですが、塔はお墓だったんですね。すごい綺麗でした。

DSC_0416

掃除?してました。
DSC_0449

なお、このWat Phoの川を挟んだ向こう側がWat Arunです。
このWat Arunもかなりの有名どころ!
IMG_1737
私達は気力がなくて船で通過したのとライトアップしか見てないですが。。。
ライトアップでも相当綺麗でした!!
DSC_0125

写真たくさん撮ったので、
またPhotoページも見てみてください〜

By Yukako

バンコクではバスの利用をオススメします!

バンコクでの移動手段として、
バス、タクシー、トゥクトゥク、バイタク、電車などがあります。

今回はバンコクであえてバスをオススメする理由をお伝えします!

利用しやすいという点ではやっぱり電車でしょう。
降りる駅さえ調べていけば、日本と同じです。
ただこの電車、市内中心部は便利に利用できますが、
主な観光地まで行ってくれないのです。
Wat PhoやWat Arun、カオサンロードは電車のみでは行けません。
タクシーで行こうとすると200〜300バーツは必要かと思います。
しかもタクシーの運転手さんメーターを使ってくれないこともしばしばらしいです。。
ぼったくり被害にあう可能性大です。

そんなときにオススメなのがバスです!
乗り方は電車に比べると人と話すことが必要になるので
少しだけ難易度があがりますが、
やり方さえ覚えてしまえば簡単です!!

【乗り方】
1.行きたい場所に行くバスの番号を事前にチェック
※グーグル・マップでも調べられました。
またネットでも路線図発見できました!
なお日本の本屋さんで路線図マップ売ってるらしいです。
ネットでも十分でしたが。。。

IMG_1831

2.バス停でバスを待って、事前に調べた番号が来たら
手を前に出して止まってアピール。
アピールしないとスルーされます。
全部の駅に止まるというルールはないようです。
何回かスルーされて挫けそうになりました。。。

この写真のバス停は汚いですけど、
綺麗なところは止まるバスの番号とか書いてあるのもありました。
(ただ番号書いてないバスとかもガンガン止まってました)
IMG_1758

私達が利用してた宿近くのバス停はいつも人がたくさんいてました。
IMG_1830

3.バスに乗り込むと車掌さん(おばちゃん)がよってくるので
行きたい場所を伝えてお金を払う。
お金払うと切手みたいなチケットくれます。
※車掌さんですがほぼ英語わからなかったです。
事前に行きたい場所のタイ語を調べて出せるようにしておくとスムーズかと思います。
IMG_1840

4.降りるときはドア付近に立って、
ドア付近か天井ボタンを押して降りたいアピールします。
※私達の経験上、かなりの確率で
降りる場所になったら車掌さんが教えてくれました。
ただ満員で声をかけにこれなかったり、
忘れてたりの可能性もなきにしもあらずなので、
私達はいつもグーグル・マップのGPS機能で
自分の居場所をチェックしつつ
目的地の近くで降りる人がいたらその人にくっついて降りてました。
なのでボタン押して降りたことありません。。
IMG_1842

※バスの形は色々ありました。ほんとに様々です。
バスの番号は大体上についてましたが全部が全部って感じでもなさそうなので注意。
またネットの情報によるとバスのフロントガラスのところにある
ボードの色によって高速乗ったりするバスもあるみたいです。
私達は特に気にせず乗ってて特に問題なかったですが。。。

バスを利用する1番の利点はとにかく安い!
エアコン付きとエアコン無しで値段が異なりますが、
実際に乗ったところ、
エアコン付きが13〜19バーツ(距離によって値段が変動します)、
エアコン無しが7〜9バーツ
(距離は関係なく値段は一律ですが乗るバスによって値段が違ってた)。

他の乗り物と値段を比べると
タクシー>トゥクトゥク>電車>バイタク>>>>バスです。
もうね、断トツで安いです。
1バーツ大体3円ちょっとなので、
20円とか40円とかでバンコク内の移動が可能です。
私達のような貧乏バックパッカーには魅力的♡

なおネットの情報ですが、
無料で乗れるバスがあるみたいです。
あるバス会社が事故を起こしまくっていたらしく
そのペナルティーとして無料になったみたいです。
これに乗れたらめっちゃラッキーですよね!

またバスの路線が無限にあります。
大体の観光地バスで行けます。
ちょーーー便利!!

その他、バスを利用して便利だなぁと思ったのが、
まず地理が頭に入ること。

タクシーや電車だと、なかなか外をのんびり見たりする時間が
無いと思いますが、
その点バスなら存分に見れます。
そのおかげで、
面白そうなマーケットや、
バンコクの交通状況などが体験できます。
何回か乗るともうバンコクが庭みたいなものです。
新しいスポットの発見もあるかも?!

またタクシーやトゥクトゥクと違ってぼったくりの心配がないです。
海外旅行で日本人がぼったくり被害にあう確率かなり高いです。
私達もすでにやられてます。
そしてここバンコクでも例外ではなく、
タクシーやトゥクトゥクでぼったくられたという話を聞きます。
しかし、バスではぼったくられることはありません。
少なくとも聞いたことはありません。そういう面では安心です。


そんな無敵のバスですがいくつか欠点もあります…(´・ω・`)


まずバス停の場所がよくわからない。(´・ω・`)
ネットで調べても詳しく書いてあるバス停の場所
見つけられませんでした。
ただバス停はかなりの頻度で存在しています。
まず電車の駅の下には必ずあります。そして有名どころの近くにも。
少し歩けばバス停に辿り着けると思います。

そしてバスの路線がめちゃくちゃ多い。。(´・ω・`)
路線が多いのは便利な点としてもあげましたが、
逆に言えば、間違えるとどこかよくわからないところへ行きます。
そして時々運転手さんの都合で若干道が変わるみたいです。適当〜
車掌さんに行き先を伝えて、バスの行き先が間違ってる場合は
次の駅で降ろしてくれるみたいですが。。
バスには基本的に路線を示す数字とタイ語しか書いていません。
タイ語がわからない場合、もうどこへ行くのかさっぱりです。
路線が多すぎてタイの人でもよくわからないらしいです。
バスの数字チェックは必須です!!

また時刻表ありません。いつ来るのかはわかりません。
バスストップで向こうから来たバスが自分の乗りたいバスなら
手を上げてアピールし、止まったら乗り込みます。

そして渋滞に弱いです。
これはタクシーやトゥクトゥクにも言えることですが、
バンコクは非常に渋滞の多い都市です。
なので時間に余裕を持って乗りましょう。
間違っても待ち合わせの時間に遅れそうな時にバスに乗るべきではありません。
時間が決まっている場合は素直に電車に乗りましょう。


また乗り方のところにも書きましたが、車掌さん英語ダメです。(´・ω・`)
これはタイでの常識らしいのですが、殆ど英語が通じません。
なので行き先を英語で言ってもわからない場合が多いです。
(Wat Phoとかは知ってた!!)
予め行き先のタイ語を調べておくか、近くの駅の名前を言える様準備しておくとベストかと。
最悪微笑みながらお金出せば、最高料金を差し引いたお釣りをくれるでしょう。
ただ行き先伝わってないと、バスを間違えた場合にどこか知らない場所へ
たどり着いてしまうリスクがありますので、注意しましょう。。

このようにメリットデメリットありますが、
慣れてしまえばとても便利です!

フィリピンでぼったくりタクシー運転手を見てから
(被害にはあわなかったけど)
タクシー運転手が絶賛大嫌い中な私には
安心して利用できるすごくありがたい移動手段でした!

恐らくタイの人の多くがバスを利用していると思います。
バスに乗って、ローカルな雰囲気を味わいつつ
タイの魅力にどっぷりつかってみては如何でしょうか?!(´∀`*)

By Yukako☺