Movie の記事一覧

香港の100万ドルの夜景でタイムラプスを撮ってみた♪

どうも!じわじわとタイムラプス企画を定番に持っていこうと企てているRyutaです。

今回は香港の100万ドルの夜景と揶揄されるビクトリアピークというところに行ってタイムラプス撮影にチャレンジしてきました!

 

ちなみにビクトリアピークはここ↓

 

そこから見える景色はこんな感じ↓

IMG_1252

 

 

では簡単に行き方を説明します。2つの方法がありますので、選んでください♪

1、MTR中環駅からバスor徒歩でピークトラム駅まで行き、そのままピークトラムで頂上までレッツゴー

2、頂上まで歩くぞ!レッツハイキング!!

 

結果的に僕たちは登りはトラムで、降りは徒歩でという方法になりました。笑

 

中環駅に地図があるので確認すれば迷わずにトラム駅まで行けると思います。中環駅でてすぐ↓

DSC_0038 (2)

 

大体徒歩で20分~30分ぐらいの距離です。

こんな公園も通ったりします♪

DSC_0039 (2)

 

すると、こんな看板が見えてきます↓

DSC_0041 (2)

 

ここでトラムチケットを購入するんですが

展望台チケット付きだと80香港ドルでトラムだけだと40香港ドルになります。

ほぼ100%受付の人は80ドルのチケットを勧めてきますので、もしいらなければ勇気をだしてNOと言いましょう。

ちなみに僕たちはタイムラプスを撮りたかったので80ドルのチケットを買いました。

決して受付の人の推しに負けたとかいうわけではありません。

 

そのまま進むとトラムがやってきます。摩天台と書いてあるのが展望台のことです~

DSC_0042 (2) DSC_0047 (2) DSC_0046 (2)

 

これに乗って頂上まで!!(‘ω’)ガタンゴトンガタンゴトン(‘ω’)

すんごい傾斜なのでしっかり掴まっててくださいね

DSC_0048 (2)

 

着きました!頂上駅!

DSC_0051 (2)

降りていきなりお土産屋さんだらけで困惑しますがそのまま進めば出られます♪

 

この建物の中では蝋人形展もやっていたみたいです!!

さすがブルースリーは人気ですなぁ~。ちなみに李小龍と書きます♪

IMG_1248

 

写真を撮りながら屋上に上がっていくと、展望台になっています。

 

おぉ。。ナイスビュー!!

IMG_1252

 

僕たちがついた時は16時半頃で、あまり人もおらず、これはすごいいい場所をGETしたぞ!と喜んでいたのですが。。。

三脚を立てようにも、スペースと高さの問題があり諦め、手すりに三脚を挟んで自分の手で固定するという方法しかとれませんでした。

でもまぁ、人あんまりいないし大丈夫やろ~。。。と思っていたのが過ちでした。。

 

撮影しだしてから2時間、暗くなってきてライトアップされてきた時間帯から、めちゃくちゃ人が増えだし、かなりの人口密度に。

でも僕はタイムラプス撮ってるので動けず、チャイナパワーで割り込んでくる人から耐え忍ぶしかありませんでした。Yukakoがだいぶディフェンスしてくれたので助かりましたが。。。

何度かチャイナパワーの底力を発揮され、フレームに割り込まれるわ、押されて撮影角度がずれるわとアクシデントが続きましたが、なんとか撮影できました。

まぁこれもアマチュアならではかなぁと思って見てください。↓

 

Goprpバージョンもあるんですが、なんせネットが遅くて、youtubeにUPできないので。。。

もしまた撮影するチャンスがあれば、展望台は避けて、少し離れた撮影スポットを探して撮影したいと思います!笑

 

あ、そうそう。帰りなんですが、チャイナパワーの圧倒的プレッシャーに心身ともに疲れ果てた僕たちを待ち受けていたのは。。。

降りトラムの大行列。。。ナニコレ(´・ω・`)

約2時間待ちぐらいにまでなってて、そんなん待てない。

IMG_1259

 

 

ということで、最後の力を振り絞り歩いて下山することに。

頂上駅にあった地図を確認!

IMG_1260

よくわからんけど、坂道をくだれば下につくでしょ!って感じで進む~

こんな感じの道↓

IMG_1261

 

幸いグーグルマップの案内も活用でき、無事下山することができましたが、2人以上のグループでの下山をオススメします。

女の子1人とかは危ないので2時間まってくださいね。帰り暗いよ~怖いよ~。

でもこんな穴場スポットも↓

IMG_1263

 

 

では、次回、またどこかでタイムラプスを撮影したいと思います!

じゃね~

世界で3番目、台湾で1番高いビルでtime lapseを撮ってみた

こんばんわ!Ryutaです!

出発してから早速更新が滞っていますが、気にはしません。笑

 

なんせ時間があるハズなのに、2泊3日のツアー並に予定をぶち込んでいるので毎日ヘトヘトのドロドロになっています。ブログに書くことはたくさんあるのですが、気力が。。。笑

 

facebookでは、Wi-Fi環境にあればなにかと更新していこうとしていますので合わせてこちらもチェックお願いします♪
松田帳~facebook ver.~

 

さて、今日はタイトルの通り【世界で3番目、台湾で1番高いビル】に登ってきました♪

DSC_0912 DSC_0916

このビルは「台北101」という名前なんですが、地上101階建てから名前が付けられています。

509.2メートルという高さは2007年7月にブルジュ・ハリーファ(ブルジュ・ハリファ)に抜かれるまでは、完成建築物としては世界一高いものだった。全面ガラス張りの近代的建築ながら、輪郭は伝統的な宝塔の節がイメージされている。また、環境設計や安全を踏まえ設計された。例えば、この外面のガラスは8トントラックが乗っても耐え得るほどの強靱さをほこり、さらに、紫外線熱量を2/3カットする性能を持ち併せ、内部が暖まるのを防ぎ冷暖房を効きやすくしている。

杭は8本の巨大な柱で、支持層(岩盤)の下30メートルまでしっかり打ち込まれている。風による振動を緩和するために、巨大なTMD(チューンドマスダンパー)が建物上部に設置されている。

27階から90階にかけて、逆台形をした8階分を一節として、8つの「節」が縦に連なる。24階から27階にかけて、中華圏の昔の貨幣(通貨)をイメージしたオブジェが各方位に設置されている。

台湾圏と香港圏において8は縁起の良い数字であることから多用されている。「Wikipedia引用

あと、この建物にはギネス認定のエレベーターが備えられています♪日本製というところに少し誇りを感じます!

エレベータ東芝エレベータ製で、毎分1,010メートル(時速60.6キロメートル)の速さで上昇できる[3]。この速度はそれまで横浜ランドマークタワーのエレベータが持っていた記録を更新し[3]、2004年、世界最速としてギネスブックに認定された[4]。このギネスブック認定証は89階エレベーターホールに飾られている。 下降は毎分600メートル(時速36.0キロメートル、サンシャイン60ビル東京スカイツリーのエレベータと同じ速度。)である[4]。地上1階から展望台のある89階(地上382.2メートル)まで、39秒で到達する[4]

エレベーター内の両サイドにディスプレーがあり、上昇時、下降時共に、階層(楼層)、高さ(高度)、分速(速度)、37秒からのカウントダウンタイマー(計時器)がリアルタイムに表示される。またエレベーター作動と同時に、天井には星空が現れ、音楽が流れだし、エレベーターガールのアナウンスと共に別世界へといざなわれる。エレベーターに小銭を縦においても倒れない程の上がり方で、世界で反響を呼んだ。「Wikipedia引用

行き方はMRT(台湾の地下鉄)台北101駅がありますので、そこで降りれば目の前にあります。

入り口は地下1階と5階の2か所になります。

DSC_0930

入場料は大人1人500元(約1600円)…。物価の安い台湾からすると高い!!

こんなかわいいキャラクターがいますが、高いものは高い!

DSC_0935

 

写真 2014-06-24 15 37 06

こんな高額な入場料を払ったのだから、何かしないともったいない!

 

うーん。。。何しようか。。。

 

えーっと。。。

 

そうだ!タイムラプスだ!!

タイムラプスとは低速度撮影の事で、詳しくはこちら→低速度撮影とは!?

手持ちのD5200とGopro Heros3+ で撮影、比べてみました!

調べてみると、タイムラプスを作成するのに最低でも1000枚~の写真が必要で、シャッターの寿命がある一眼レフはあまりオススメできないと。。。その点Goproは電子シャッターなので、寿命なんか関係なーい!

でも撮影されたものが明らかに一眼が綺麗であれば、ここぞというときは一眼で撮影しようと思ってます♪

 

さぁ、準備ができました!

写真 2014-06-24 16 59 17

では見比べてください!

D5200

Gopro

低速度撮影は予想以上に電池を食うみたいで、暗くなって良い雰囲気の所でD5200がバッテリー切れをしたアクシデントがありましたw

全体的に一眼レフの方が綺麗なのかなぁという印象はありますが、Goproも十分戦えるかと!

タイムラプスプロジェクトも立ち上げようかな!!

 

ちなみにこの台湾101は世界的に有名なダンパー(簡単にいうと衝撃などを和らげる装置)がついています。美しい!

DSC_0934