インドのヘナタトゥー(メハンディ)のお話

どうも、Ryutaです。

 

今回はインドに来たら皆やりたい、ヘナタトゥ―(メハンディ)の事について書きます!
写真が少ないので文章主体になりまーす!

僕たちはインド初めてだったのでサンタナ日本人宿という場所に泊まっていました。インドに個人で来る人って変な人が多いのでめっちゃオモロイ時間を過ごせました(笑)

そのサンタナの近くにあるのがメインバザールと呼ばれる賑わった通り。そこでサリーやサングラス、カバン、服など何でも買えます。ヘナタトゥー屋も沢山ありますので選んでください。

で、今回僕たちがヘナタトゥーをした所はここ!

駅からメインバザールを進んで二股に分かれる所です。露店です。

 

ここはオススメしません!スーパーぼったくりマンです(笑)

おそらく日本人を見つけると20ルピー20ルピーヤスイーと言って声かけて来ます。その他ナンデヤネンとかも言ってきます。

とりあえずヘナタトゥーをしてみたかった僕たちはホイホイついて行きました。
そして色んな柄のサンプルを見て、どーせやるなら腕一杯に入れたいよねーと話をしてると…
どれどれ?みたいな感じでおっさんが寄ってきます。
んで、袖を捲り上げられてオイルを塗り出します。まだ決めてないのに( ̄◇ ̄;)
それで値段はいくら?って聞くと、全部描いてみないとわからんって。なんじゃそれ(´Д` )
一応料金表みたいなの持ってたので見せて貰うと、色によって値段が違ってました。店員の言い訳としては色によって腕に残る日数が違うからと。
僕たちは2週間残るこげ茶のやつを勝手に選択されてました。50ルピー。
まぁ50ルピーならええかなーと思っていたのも束の間、1インチという文字を発見。
すかさずこれは1インチ50ルピーか?と聞くと、そうだよ、と。
おいおい、それは高すぎるやろ?腕に入れたらナンボになるん?って聞いても、描き終わって最後に測らないと分からないって…(笑)
しかもこの話し合いの最中もどんどん描いていくオッサン。
まぁいっかーどーせ1000ルピーぐらいやろーと思ってたんですが…
こんな感じで描いてます
IMG_2593

 

全部描き終わって、意気揚々と測り出すオッサン。
そして驚愕の値段を出してきた。

君は6300ルピー
奥さんは5000ルピー

え?(´Д` )

ちょっとまって…ナンボ?

君は6300ルピー

奥さんは5000ルピー

ふざけんなと。
さっきシルクサリーとクルターパジャマの民族衣装を買ってきたけどええやつで二つ4500ルピーやったのに、なんでヘナタトゥーに2人で11300ルピーも払わなあかんねん(笑)
日本円にして大体20000円(笑)


狂っとる、この国は狂っとるぞ( ̄◇ ̄;)

とりあえず反撃
そんなん払うのは無理。高すぎる。最初ナンボ?って聞いたはず

オッサン「描いてみないと分からなかった(´・ω・`)ショボーン」

「嘘つけ、最初に腕を測ったら大体の値段は分かるやろ<(`^´)>ムキー」

オッサン「わかった、割り引く。君は5000、奥さん5000。(‘ω’)ドヤァ」

「無理無理( ゚Д゚)アホチャウカ!」
というのが少し続き、

「とりあえず書いてもらったから多少は払うけど、今僕たちは2200ルピーしかない。これが全部、それ以外ない。( ゚Д゚)ウラァァ」

オッサン「そんなん無理や(-ω-)/ナンデヤネン」
というのも少し続き、
2200ルピー出して、カバンもひっくり返して、これ以外ない
ってアピールすると

オッサン「ハァ~…これでいいよ…でもこの値段でやったって他の人には言わないでね。(´・ω・`)ヒミツダヨ。トクベツダカラネ」

「ハイハイ…ってアホか(笑) ( ̄д ̄)イイフラスワ!」

結局1人1100ルピー(約2000円)でやったことになったけど、宿に帰って色んな人に言いふらしながら値段を聞くと大体200~500ぐらいで出来るみたいね。

ヘナが一本10ルピーという事実(´Д` )

まぁ柄も気に入ってるし、描いてから4日目やけどまだまだ残ってるので、ヨシとしましょー。
この写真の左手!(気に入ってる割りに写真撮ってなかったw)

IMG_2653

インドでヘナタトゥーする時は200~できますので気をつけてねー。

オススメは200ルピーだけ持っていくこと!これしかないって言うと意外と描いてくれるらしいですー。

あ、最後に…
そのオッサンに日本語教えてくれ。って言われたから

 

( ̄д ̄)ヤバイヨヤバイヨー

 

教えてあげた。意味は日本の挨拶って。

と言うことで、デリーのメインバザールでヤバイヨヤバイヨーって言ってるインド人はヤバイので近寄らないように!

 

以上、ヘナタトゥーでした(笑)

インドは慣れたらオモロイけど最初は大変ね。

SNSでもご購読できます。

記事下

コメントを残す

*