【国境移動手段】陸路で行く、バンコク→シェムリアップ

どうも、Ryutaです。

ネパールでのんびりしていたところ、ブログの更新が全くされていないことに気が付き、これから怒涛の更新を予定しています。笑

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回はバンコクからシェムリアップまでを国際バスを利用して移動したので、その方法をまとめていきたいと思います。
飛行機とはまた違った雰囲気は面白かったです。

IMG_1869

 

先ずは僕達の利用したバスの詳細から
・バンコク北バスターミナル9時発
・シェムリアップのホテル18時着
・費用1人750バーツ
・水一本とジュース1パックと弁当がついてきます。

IMG_1886

チケットですが、当日買いと予約買いとあります。簡単に取れるので予約をオススメします。

こちらのサイトからとれます。
タイチケットメジャーのサイト(もしタイ語表記だったら右上にあるイギリス国旗をクリックしてください)
→購入の流れの説明はこちらのサイトを参考に→徒然草

最初に会員登録し、その後取りたい日程と場所を選択し、空席を確認。
空いていれば必要情報を入力し、席を選び、購入の流れです。

チケットはバンコク市内にあるチケットメジャーという場所で引き取る事ができます。もちろん北バスターミナルの中にもありますので、当日引き取るのも可能です。

僕達はチャトチャックのウィークエンドマーケットに行った時に、下見がてら北バスターミナルまで行って、事前にチケットを引き取っておきました。

IMG_1704

出発日当日は出発時間の1時間前ぐらいにバスターミナルに居れば十分です。

僕達は106番ターミナルでしたが、その都度確認してください。
こんなバスが止まってます。
IMG_1873

プノンペン行きもありました。
IMG_1871

時間の30分ぐらいに前から乗車できますので、乗組員さんにチケットを見せて、大きい荷物はバスの荷物入れに入れてもらいましょう。車内はこんな感じ。
IMG_1876

出発時間を過ぎても焦りません。ここはタイです。30分遅れぐらいは普通なのでノンビリ席で待ちます。
僕達は30分遅れで出発しました。

約8時間のバスの旅がスタートです。

と言っても、特にする事は無く…本を読んだり、音楽聴いたり、喋ったり、各々の時間を過ごします。

途中でトイレ休憩を挟み(良い天気)
IMG_1887

ご飯も支給されます。世界のセブンイレブン
IMG_1889 IMG_1890

過重包装のamazonもびっくりの菓子パン

IMG_1885

 

で、大体14:30ぐらい。出発して5時間後ぐらいに、ヤマ場の国境に到着します。
IMG_1891

事前情報では荷物を全部持って行かないといけないという話を聞いていたんですが、僕達はサブバッグのみ持参で大丈夫でした。
大きいバッグは、バスの中でそのまま国境越えました。ラッキー

ここの国境が分かりづらいので注意してくださいね。
ずーっと進むと、外人二階の案内が見えて来るので、二階へ。二階は出国手続きをしていました。

IMG_1892

その後歩いて国境越え。
VISA持ってる人と持ってない人の案内がありました。
IMG_1894

その前に検疫場を通ります。エボラ出血熱が流行っているので全員受けていました。カード記入と体温測定です。
こんなめちゃ暑くて汗ダクダクやのに正確な体温測れるのか疑問でしたが、パスできました。
IMG_1895

その後が非常に分かりづらいので注意ですが、突如普通の町中みたいな所に出ます。ウェルカムカンボジアみたいなモニュメントもあるし、あれ?もう終わり?みたいな感じになります。
IMG_1896

でもまだ終わりではありません。
先ほどの写真の右側にVISAの申請所があります。持ってない人は取得しましょう。
IMG_1897

僕達はネットで既に取得していたので、ここはスルーでいきました。

その奥に歩いて行くと、小さなイミグレーションがあります。
IMG_1898

小さいなかに沢山の人がいるので非常に暑いです( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )
IMG_1900

イミグレーションカードを書いて、両手の指紋をスキャンすると、無事入国です!
電子ビザの場合、2枚コピーをする必要が、ありますので注意。
一枚は回収され、もう一枚は滞在中保持しておきます。

IMG_1901

イミグレーションを無事通過すれば、バスに戻ります。
バスの乗客全員が入国審査を終えるまでバスでの待機となります!

その後全員そろえば、バスでシェムリアップに向けて出発です。

カンボジアになると、畑が広がっています。
急に運転が荒くなったと感じるのは僕達だけでしょうか?笑

IMG_1904

 

その後、3時間ほどでシェムリアップに到着します!

意外と簡単だった国境陸路越え。
時間のある方は是非試してみてください~♪

SNSでもご購読できます。

記事下

コメントを残す

*